TopImage

[翻訳版] iGEM2022 全チームプロジェクト概要 ~第二弾~

iGEM 2022 全チーム Abstract を確認しましょう。


第一弾はこちらから
[翻訳版] iGEM2022全チームプロジェクト概要 ~第一弾~

第二弾はこちらから
[翻訳版] iGEM2022全チームプロジェクト概要 ~第二弾~

第三弾はこちらから
[翻訳版] iGEM2022全チームプロジェクト概要 ~第三弾~

第四弾はこちらから
[翻訳版] iGEM2022全チームプロジェクト概要 ~第四弾~

データの見方

(例) チーム名(チームページリンク付き)
タイトル
要約
Wikiへのリンク

MIT_MAHE
Title
AMPifin

Abstract
ウブリ症は、主に海洋、河口、時には淡水魚で観察される細菌疾患です。これは、ビブリオ属の細菌によって引き起こされ、豚培養作戦における死亡率の重要な理由です。この種の中で、Vibrio parahaemolyticusは最も一般的な病原体の1つです。この問題は、抗生物質、ワクチン、市販薬などの既存のソリューションにもかかわらず、かなりのままです。このため、細菌に存在する表面タンパク質である多価接着分子7(MAM7)に結合する抗菌ペプチドを合成することにより、持続可能な代替品を設計する予定です。MAM7は、宿主の上皮細胞への細菌の接着の原因であり、感染を引き起こします。したがって、接着を阻害することにより、感染はその一次段階で防止され、その結果、魚に無害に細菌をレンダリングします。私たちのペプチドは、シャーシBL21によって合成され、キトサンナノ粒子を使用して送達されます。
Go to Wiki


CU-Boulder
Title
Magic Beans: Finding Environmental Solutions for Chemotherapeutic Cultivation in Soybeans

Abstract
化学療法性パクリタキセルは、世界保健機関によって必須医療としてリストされており、最も集中的に使用される抗腫瘍薬の1つです。残念ながら、パクリタキセルは入手して生産することが困難であり、1回の服用が6本の古くなった太平洋イチイの木の収穫を必要とします。完全かつ半完全な化学合成の開発により、抽出の取り組みが改善されましたが、生産は依然として非効率的で高価です。Cu-Boulder IGEMチームは、パクリタキセルを生産するための大豆のシステムを工学して、この重要な化学療法のアクセシビリティを高め、パクリタキセルの生成の環境への影響を減らします。パクリタキセル前駆体タカジエンは、イチイの木に自然に見られる酵素を遺伝的に統合することにより、大豆で合成できます。大豆は簡単に耕作でき、世界で最も一般的な遺伝子組み換え作物です。
Go to Wiki


ZJU-China
Title
Story Light : restoration of stone relics by Microbial Induced Calcite Precipitation

Abstract
石の文化的遺物は、人間の文明と密接に関連しています。しかし、彼らは脅かされています。すべての損傷要因の中で、小さな亀裂は多くの注目を集めており、既存のテクノロジーによって回復することが困難です。Zju-chinaは、小さな亀裂を回復する際の課題を克服するために、設計されたBacillus subtilis誘発バイオミネラル化に基づいて、石アーティファクトの統合された保存のための技術の開発に専念しています。細胞外炭酸カルシウム沈殿物は、石のアーティファクトの小さな亀裂を満たすために持ち込まれ、材料の物理化学的特性をさらに改善するために細胞外足場システムを備えています。また、クォーラムセンシングモジュールとバイオセーフティモジュールを追加して、材料を環境に優しく効率的にしています。うまくいけば、Story Lightは、石アーティファクトの統合された保護のための新しいテクノロジーになるでしょう!
Go to Wiki


BJWZ-China
Title
Put Ears On Yeast Make Them Hear The Voice Of The World

Abstract
私たちが知っているように、聴覚は音を知覚する動物の能力であり、機械エネルギーを電磁信号に変換するプロセスです。しかし、メカニズムは完全には理解されていないBjwz-chinaは、微生物で同様の感覚系を最初に探索しようとしています。ショウジョウバエの聴覚機械伝導を構成するイオンチャネルの「NAN-IAVパターン」を活用することに着手しました。実験では、Saccharomyces cerevisiaeに導入され、聴覚モジュールが構築されました。設計されたプラスミドを増幅と培養のために大腸菌に変換し、プラスミド抽出により酵母形質転換のために酵母に移しました。酵母DNAをPCR検証のために抽出し、それに続いて電気泳動検証を行いました。最後に、変圧器を調製し、グリセロールチューブで凍結しました。この生命現象を研究することにより、がんを感知するプロジェクトのための第1ラウンドの研究を実施し、微生物における健全な形質導入のその後の研究のための予備調査を実施しました。
Go to Wiki


BNDS_China
Title
LySLEUTH: A LysPBC5 based Bacillus cereus detection kit

Abstract
私たちのプロジェクトの目的は、不適切に保存された残り物に存在し、消化器疾患を引き起こす可能性のある一般的な細菌病原体B.セレウスの存在を検出できるキットを開発することです。PCRベースのテストを含む現在の検出方法は高価であり、特殊な実験装置が必要です。ここでは、B。cereus特異的エンドリシン(LYSPBC5)、ATPセンサー、および1時間の低コストの多目的効率システム(Holmes)に基づいた代替検出方法を開発することを目指しています。これらの2つのシステムは、精製されたLysPBC5とCAS12Bを混合して、効率的なB. cereusテストキットを形成することにより組み立てられます。タンパク質精製のコストを削減するために、不完全な転写産物とインデューサーのコストを削減することにより、プロQCおよびクリスタルバイオレット誘導性タンパク質発現システムを採用しました。テストキットの設計は、将来他の病原体を検出する方法の開発を導くこともできます。
Go to Wiki


NJMU-China
Title
Engine of Starlight: Treating ASD through alleviating mitochondrial dysfunction

Abstract
自閉症スペクトラム障害(ASD)は、世界中で1%の推定発生率を持つ神経発達障害であり、その治療に効果的な現在の薬物療法は証明されていません。新たな証拠は、ミトコンドリア機能障害がASDの開発に重要な役割を果たすことを示しています。私たちのプロジェクトであるEngine of Starlightは、ASDを治療するためのミトコンドリア機能障害を緩和することを目指しており、評価から治療に至る3つのシステムで構成されています。 1つ目は、ミトコンドリア機能障害検出のための乳酸レベルに敏感なバイオセンサーであり、他の2つは、NAD+発現を増加させ、細胞内の重金属の蓄積を防ぐことにより、ミトコンドリア機能障害を緩和するように設計されています。私たちはそれらの機能を正常に検証し、腸のコロニー形成のための送達技術をさらに開発しました。一方、エンジニアリングイテレーションは、人間の慣行との相互作用において実施されており、ハードウェアとソフトウェアのサポートでプロジェクトの実装を促進することもできました。
Go to Wiki


Qdai
Title
Bio Gas

Abstract
私たちの目標は、人工メタン生産です。現在枯渇している資源である家畜廃棄物からのメタンの生産は、持続可能な社会につながります。メタン産生には3つのステップが含まれます。これらはセルロースの分解、酢酸の合成、酢酸からのメタンの合成です。特に酢酸の合成に焦点を当てます。
Go to Wiki


Aboa
Title
CropFold - A Bioassay for Easy On-site Plant Pathogen Detection

Abstract
植物疾患は、世界的な食料安全保障に対する脅威の増加です。植物感染が植物病原体の出会いの初期段階で視覚化されることはめったにないため、表現型の症状が生じる前に感染を特定できるバイオアッセイキットを考案しようとしました。この目的のために、病原体特異的遺伝子配列に応答する交換可能なつま先スイッチに基づいて、オンサイトで使用する低コストのセルフリーシステムを開発しました。デモンストレーションとして、大麦の黄色のドワーフウイルス(BYDV)を検出するための新しいつま先スイッチを構築し、他の病原体に向かって代替スイッチのライブラリをまとめて、システムのモジュール性を紹介しました。 BYDV TOEHOLDスイッチを抱えるレポータープラスミドは正常に構築され、つま先のないレポータータンパク質発現は、無細胞システムで機能することが示されました。つま先レポーターの組み合わせの機能を検証することはできませんでしたが、システムテストのいくつかの反復により、アッセイ開発の次のステップで重要な問題を特定することができました。
Go to Wiki


Tuebingen
Title
Anatoxic

Abstract
アナトキシンAは、シアノバクテリアの数が増加すると淡水源に見られるシアノバクテリア毒素です。毒素の摂取は、呼吸の原因となる筋肉を過剰に刺激することにより、窒息することで死に至る可能性があります。主に汚染された水を消費する犬と家畜は影響を受けます。現在の検出方法は面倒で、高価なクロマトグラフィーと質量分析装置が必要です。これが私たちのプロジェクトで、アナトキシンAのより安価で容易な検出のためにE.coliバイオセンサーを開発することを目的としました。私たちは、リガンドの結合時に操作されたE.COLIでGFPの発現を誘導するハイブリッド化学受容体を作成しました。その後、プレートリーダーを使用してこの信号を検出できます。
Go to Wiki


UNILausanne
Title
Quagg'out, A fresh solution to a freshwater problem

Abstract
Quagga Mussel(Dreissena bugensis)は、2014年にスイスで意図せずに導入された侵襲的種です。その損害には、スイスの数百万のスイスフランのコストの誘導が含まれ、スイスの湖の地元の生態系を変更します。この種は、2つの方法で2つの方法で、軟体動物と殺虫剤の特性を持つFITD毒素を過剰発現することにより、Pseudomonas Protegensによって自然に生成されます。次に、大腸菌の大腸菌を工学することにより、帯状疱疹の表面への付着を防ぐ抗栄養剤化合物である帯状疱疹酸を生成します。帯状疱疹産生のための酵素を発現するプラスミドを成功裏に作成しました。現在、テストと最適化の準備が整いました。また、FITDを過剰発現するためにいくつかの構成要素をクローン化しました。ムール貝を使用した実験では、操作された細菌が実際にムール貝を殺すことができることを実証し、最も強力な構成要素を特定しました。
Go to Wiki


Warwick
Title
Aptamer-based detection and whole-cell catalysis of pyrethroid pesticides for bioremediation of watercourses and agricultural land

Abstract
ピレスロイドは一般にアブラムシの害虫と戦うために使用され、英国の農業で使用されるすべての殺虫剤の84%を占めています。しかし、それらはミツバチに有毒であり、野原からの流出魚と水生の無脊椎動物です。ここでは、読みやすい色の変化をもたらすアプタマーテクノロジーに基づいて、Lambda-Cyhalothrinの安価なフィールド内バイオセンサーの開発が成功したことを報告します。バイオセンサーの目標は、2番目の農薬であるフェニトロチオンに拡張される可能性があることを実証しました。ピレスロイドの分解を強化するために、belezensisのカルボキシルエステラーゼを利用して全細胞触媒を設計しました。活性を改善し、膜挿入を改善するために、カルボンエステラーゼをシュードモナスsyringaeから分離した修飾されたアンカータンパク質にリンクしました。成長プロダクションのトレードオフを調査するために、微生物遺伝子の発現と成長の通常の微分方程式モデルを開発しました。農家やその他の利害関係者からのガイダンスの下で作業して、現場での潜在的な展開戦略の最適化を可能にする空間モデルを開発しました。
Go to Wiki


BNUZH-China
Title
BCAID - An in-vivo Biodegradable Skin Regeneration Scaffold System Based On Bacterial Cellulose

Abstract
さまざまな創傷因子によって引き起こされる皮膚組織の欠陥は、臨床的に非常に一般的です。独自の創傷縁の上皮と基底組織に依存している、重度の創傷、および広範な火傷や静脈性潰瘍などの慢性創傷を治癒するのは困難です。組織工学の足場は、皮膚の傷を修復する上で大きな利点があります。細菌セルロース(BC)の優れた特性により、高品質の組織工学足場としての資格があります。ただし、セルロースはin vivoでは分解できず、現在のアプリケーションを制限する結び目の問題です。 BCAIDは、人体におけるBC組織工学足場を実際に適用するための合成生物学のソリューションを提供します。これは、皮膚組織の傷を修復するために非常に重要です。 BCAIDは、基本的なBC生産モジュール、ヒーリングプロモーションモジュール、青色光活性化BC分解モジュール、および赤色光活性化エンジニアリング線維芽細胞(BJ)自殺モジュールに分割されます。 4つのモジュールは、完全な機能と優れた特性を備えたBCAID全体を構成します。
Go to Wiki


Imperial_College_London
Title
Sporadicate: a broad-spectrum biofungicide based on Bacillus subtilis spores

Abstract
今後35年にわたって、世界の増加している人口は、人類の歴史でこれまでに生産されたよりも多くの食料を要求します。収量損失の主な原因は真菌病原体であり、すべての植物疾患の75%を占めています。現在のソリューションは不足しており、農民は目に見える症状の出現が遅れたために殺菌剤の選択的噴霧に依存しており、治療が最も効果的なときに感染の初期段階を欠いていることが多い。私たちは、診断と治療の間のタイムラグを排除する亜種の胞子に基づいた広範囲に基づいた広範囲のバイオオーファイブスッキドである散発的なものを提案します。私たちの細菌の胞子は、表面にキチナーゼ酵素を表示するように設計されており、病原性真菌の細胞壁を分解します。これにより、修飾受容体を介して検出できるバイオマーカーが生成され、胞子がバイオコントロール特性を示す栄養細胞に選択的に発芽させることができます。胞子の生来の耐久性のある特性を考えると、私たちのシステムは堅牢で、簡単に保存可能で、広く適用可能で、費用対効果が高くなります。
Go to Wiki


Thessaly
Title
Navanthus: A monitoring and phytoremediation system against eutrophication

Abstract
テッサリアの平野は、古代ギリシャの最も肥沃な谷の1つでした。今日、その集中的な搾取は、カーラ湖とピニオス川の両方の富栄養化につながりました。水中の無機リン酸蓄積は、シアノトキシンを産生する有害な藻類の花の形成を引き起こし、水生生態系の劣化をもたらします。私たちのチームは、富栄養水の普遍的な監視と植物拡張アプローチを開発することを目指しています。監視システムは、水域の生態学的状態を評価し、富栄養化の重要なレベルを示す場合はどこでも、構築された浮遊湿地(CFW)が実装されます。CFWは、遺伝子組み換え植物を運ぶ生分解性菌糸体で作られています。植物の根が新規合成リボススイッチを介してシアノトキシンを検出すると、リン酸塩の取り込みを促進するPHT1トランスポーターを過剰発現します。植物の芽と葉はCFWの上に立っており、最終的に収穫され、肥料に変換されます。
Go to Wiki


Stockholm
Title
B12-intake Gastric Intrinsic Factor (BiGIF): Treating Pernicious Anaemia

Abstract
有害な貧血(PA)は、効率的な治療を欠くビタミンB12欠乏症を引き起こす自己免疫疾患です。PAの患者は、内因性因子に対する自己抗体を発症します(if)またはif産生頭頂細胞..これらのタイプはどちらも食事性B12の吸収不良をもたらし、長期的にB12欠乏症をもたらします。現在、吸収不良を回避するために、現在、高用量の患者に静脈内、筋肉内、より低い程度で患者に投与されています。ORSORソリューションは、自己抗体結合エピトープの表現型を改善する変異がある場合に設計されたタンパク質治療薬で構成されるタンパク質治療薬で構成されるタンパク質治療薬で構成されるタンパク質治療を目指しています。。成功した変異体は、部位指向の突然変異誘発を使用して生成され、自己抗体とB12結合を検証するために哺乳類細胞で表面表示されました。将来、私たちは、ビタミンB12の最適化された吸収のためにB12に結合した場合、したがって患者の生活の質を高めるためにB12に結合した場合を含む丸薬の形で治療を提供することを目指しています。
Go to Wiki


Paris_Bettencourt
Title
A synthetic biology toolkit to interface genetic circuits with electronics

Abstract
エレクトロニクスの分野に由来する言語は、遺伝論的回路を説明するために合成生物学で採用されることがよくありますが、一方、電子機器と遺伝学の実際の交差点はほとんど未踏のままです。当社のIGEMチームは、合成生物学者が電子機器と細菌遺伝子発現をインターフェースできるようにするために、同時にオープンソースハードウェアを備えた遺伝的部分のツールキットを開発しています。当社のツールキットには、さまざまな用途を可能にするために標準化された電気微生物学の以前の研究からの多数の遺伝的部分が組み込まれています。逆に、遺伝子誘導のための細菌膜の過分極を使用した生体電子制御の新しい手段を研究しています。当社のツールキットは、製造、ロボット工学、芸術、ニューメディアのアプリケーションを見つけながら、遺伝子発現と制御の基礎研究のためのドアを開きます。
Go to Wiki


WrightState
Title
Deconta-Mn-ate

Abstract
世界保健機関の制限上のマンガンは、神経学的機能障害とパーキンソン症のような病気に関連しています。産業流出からのマンガン放電の増加と水源のマンガン汚染の増加にもかかわらず、マンガンの検出とバイオレメディエーションの適用は広く入手できず、費用対効果が高く、維持が容易です。水サンプル中のマンガン汚染の検出のためのバイオセンサー。センサーは、マンガン応答性のプロモーターと、スーパーフォルダー緑色蛍光タンパク質(SFGFP)のリボススイッチ駆動発現で構成されています。センサーは現在、マンガンを1mmまで検出することができ、その感度を高めるための努力が進行中です。システムが最適化されたら、飲料水からマンガンをキレート化する手段として、SFGFPをフィトチェラチンに置き換える予定です。私たちのシステムが、マンガン検出と除去の既存の手段に代わる費用対効果が高くフィールド可能な代替品を提供することを願っています。
Go to Wiki


YiYe-China
Title
Detecting dysregulation of RNA splicing for myelodysplastic syndromes diagnosis using RNA splicing sensors

Abstract
MyelodySplastic症候群(MDS)は、高齢者で最も一般的な血液悪性腫瘍です。現在、MDSの正確な診断は、経験豊富な血液学者の末梢血および骨髄細胞の形態学的評価に依然として大きく依存しています。したがって、MDS診断のためのより効果的な検出方法を開発することが緊急です。異常なスプライシングは、MDSと強く関連しています。多くのRNAスプライシング関連遺伝子は、MDS患者の約50%で変異することがわかっており、RNAスプライシング状態の分析をMDSの診断に使用する必要があることを示唆しています。マイトジェン活性化プロテインキナーゼキナーゼキナーゼ7(MAP3K7)および亜鉛フィンガータンパク91(ZFN91)のエクソンがMDS患者でスキップされたことが報告されています。これにより、センサーの構築が、スキップエクソンをレポーターを含むプラスミドに融合し、細胞内のRNAスプライシングの変化を監視しました。私たちのプロジェクトは、将来のMDSにおける予後の早期診断と予測のためのシンプルで効果的な方法を提供します。
Go to Wiki


TAU_Israel
Title
TrigGate - A computational tool for cell-specific mRNA translation by 5' UTR engineering

Abstract
治療ツールとしてのRNAの使用は、疾患治療の新しいフロンティアですが、安全であるためには、治療的mRNA翻訳は特定の細胞型に限定されなければなりません。一般的に、送達車両は、細胞膜の特性に従って細胞を標的とするために使用されますが、そのような方法には、特異性が不十分な多くの制限があります。ターゲットセル内の特定の内因性RNAトリガーを感知および応答するmRNAの5 'UTRのスイッチモジュールは、特異性を高めるために並行して使用できます。これまで、このようなスイッチモジュールは、多くのIGEMチームによる原核生物で正常に使用されてきましたが、真核生物ではなく、それらを効率的に設計するためのツールは不足しています。私たちは、新しいアルゴリズムとモデルを使用して、原核生物と真核生物の両方でスイッチモジュールを設計するための革新的でユーザーフレンドリーな一般的なソフトウェアツールを作成し、効率的で選択的に翻訳されたmRNA分子を生成するのに役立ちます。
Go to Wiki


NEU_CHINA
Title
RTAC, ready for cancer attack.

Abstract
RSPOS(R-Spondins)は、さまざまな癌の主要な原因である分泌タンパク質のファミリーに属します。 IGEM2022では、Neu_Chinaチームは、すべてのRSPOに対して新しい癌標的セラピーの開発に焦点を当てていました。私たちはもともと、タンパク質工学を通じてキメラタンパク質RTAC(RSPOターゲティング抗がんキメラタンパク質)を設計および特徴付けました。 RTACは、RSPOを介したWnt/β-カテニンシグナル伝達活性化の阻害により、満足のいく抗癌効果を示しました。さらなる改善のために、S.cerevisiaeベースのプロバイオティクスがRyeastと名付けられ、RSPO-Hyperactivated結腸直腸癌に局所的に導入されるように設計されました。 r-yeastの交配経路は、腫瘍環境固有の分子を特異的に感知するために再プログラムされ、したがってRTACを自己調整可能な方法で発現させました。一方、Ryeastが潜在的な環境ハザードを引き起こすのを防ぐために、ユニークな銅依存のキルスイッチが埋め込まれました。集合的に、我々は、新しい抗パンRSPOタンパク質の概念実証と、がん標的治療のための自己制御可能な機械を備えたプロバイオティクスを提示しました。したがって、私たちの研究は、合成生物学的研究と翻訳医学に大きな価値を約束しています。
Go to Wiki


BJEA_China
Title
A polular deteriorated cheese —— BslA

Abstract
親水性は、表面に疎水性と親水性の両方の領域を含む小さな表面活性両親媒性タンパク質です。彼らは、極性溶液相と非極性溶液相の両方の界面で安定したフィルムを形成するために自己組織化することができます。高い表面活性と両親媒性のおかげで、ハイドロフォビンは、界面工学の界面活性剤、食品加工の乳化剤、ナノテクノロジーの生体吸入剤、バイオテクノロジーの強力なタンパク質精製タグとして幅広いアプリケーションの見通しを持っています。合成生物学における幅広い応用。 BSLAは、産業用の制限を克服する真菌オリジンのいとこと比較して、生成がはるかに簡単です。 BSLAの可能性を解き放ち、シンビオコミュニティと人類全体の主要な懸念のいくつかを解決したいと考えています。この目的のために、私たちのチームは、タンパク質精製、抗生物質乱用、プラスチック汚染の3つの問題を標的とする3つのBSLA融合タンパク質を設計しました。
Go to Wiki


HainanU_China
Title
NATer—— Nucleic acids tracker

Abstract
1929年にフレミングによるペニシリンの発見以来、抗生物質研究は急速に発達し、抗生物質の大規模な使用は微生物耐性の深刻な問題をもたらしました。人間の活動と組み合わされて、薬物耐性微生物と抗生物質耐性遺伝子の異種と横断的な拡散は、「人間の動物環境」界面で発生しました。抗生物質とその代謝産物は環境に濃縮され、海洋動物や動物産物によってヒトに広がり、薬剤耐性微生物を生産し、薬物耐性遺伝子の拡大を引き起こしました。これは人間の健康に深刻な影響を与えました。現在、海水の微生物耐性を特徴付けるための海洋環境監視の分野には、迅速な検出器はありません。 CRISPR/CASシステムとCSM6タンパク質の組み合わせに基づいて、単一塩基精度を持つ変異原性遺伝子を特定し、海洋微生物における特定の薬剤耐性遺伝子を検出し、海洋微生物における薬剤耐性の迅速な検出のためのプラットフォームを開発します。
Go to Wiki


SMS_Shenzhen
Title
β-galactase genetic engineering modification

Abstract
乳糖不耐症は、乳糖を消化するためのベータガラクトシダーゼの減少によって引き起こされる腸の不快感を示します。ラクターゼは乳糖をグルコースとガラクトースに加水分解しているため、遺伝性障害または自然老化によりラクターゼの発現が低下すると、耐溶性の人の量が減少します。世界人口の約70%が乳糖不耐症に苦しんでいたのは、世界的な健康問題です。特に、ラクターゼを発現する下降傾向は、ラクトースを含むめったにない食事によって強化されるため、アジアでは発生率が特に高くなっています。酪農業界では、オレイザエが最も広く使用されている真菌源の1つであるベータガラクトシダーゼ(LACA)の1つであり、乳糖不耐症の人向けの乳糖を含まない生成物を生産しています。乳糖不耐症の人々が乳製品を享受できるようにするために、私たちのプロジェクトは、Pichia pichia pichia pastorisでLacaを異種表現し、Lacaの酵素特性を定量化し、再結合されたPichia牧師の培養条件を最適化することを目的としています。
Go to Wiki


HKUST
Title
Fisherly: Safe Fish on Your Dish

Abstract
新鮮なシーフード製品は腐敗の影響を非常に受けやすいため、保管と配達全体で品質を監視することが重要です。高レベルのバイオアミンが肉の品質の分解を示し、バイオアミン中毒を引き起こすため、生魚のバイオアミンレベルを検出する比色バイオセンサーを作成することを目指しています。私たちの回路は、バイオアミンレベルをラットジアミンオキシダーゼでH2O2に変換することにより、バイオアミンレベルを検出します。H2O2はその後、転写因子Oxyrを酸化し、KATGプロモーターを活性化し、赤い出力の発現を促進します。基本的に、魚が安全に消費しても赤く、腐敗したときに赤い場合、システムは緑になります。バイオセンサーの検出メカニズムとして大腸菌ベースのセルフリーシステムを使用し、ユーザーによる最終サンプルを抽出するためにSWABテストが行われます。現在の製品と比較して、当社のバイオセンサーは、新鮮な魚の品質のよりすぐに使いやすく、直感的で堅牢な指標になります。
Go to Wiki


CAFA_China
Title
A kill switch for synthetic life

Abstract
「キルスイッチ」は、特定の条件下で細胞死を引き起こす人工システムとして定義されます。他のIGEMチームプロジェクトでは、Kill Switchがプロジェクトのバイオセーフティを確保するためによく使用されます。私たちのチームは、一連の細胞死プログラムを設計し、生命の制御をプログラムし、バクテリアが生命パフォーマンスを行うインスタレーションアートの形で一連の「エンジニアリングされた細菌の死シミュレータ」を提示しました。
Go to Wiki


ZJUT-China
Title
Heathy teeth legion:Oral guardians for targeted detection and elimination of Streptococcus mutans

Abstract
経口の問題は、さまざまな年齢の人々の間で広まっています。ほとんどの経口問題は、特にStreptococcus Mutansによって推定された普遍的な虫崩壊について、予防可能で治療することができます。このプロジェクトは、GRAS株の亜種に基づいて経口プロバイオティクスを発症することにより、口腔疾患を予防するための低コストで便利な方法を求めています。 S. Mutansからの定足数センシングシステムの導入により、設計された遺伝的回路のスイッチは、能力刺激ペプチドを検知することによりトリガーされます(CSP、濃度のクォーラムセンシングシグナル伝達分子は、S。mutansの数と正の相関があります。 Legion Projectは、経口衛生を検出し、歯虫を防止し、テスト結果の便利なフィードバックを達成する目的を達成するために、複数の遺伝的回路を設計しました。安全上の理由から、それに応じて終了スイッチが追加されました。科学的研究、コンピューターモデリング、広範な実験データの組み合わせにより、より信頼性の高い便利な健康な歯レギオンが開発されます。
Go to Wiki


Tongji_China
Title
Bplant: A Microbial Cell Factory that Produces Bromelain of High Quality

Abstract
ブロメランは、抗がん活性、抗炎症効果、抗菌薬、抗生物質増強、皮膚保護、術後回復など、さまざまな特性を持つ植物プロテアーゼです。医療および食品分野には幅広い用途があります。ブロメランには優れた応用の可能性がありますが、従来の生産プロセスには、非効率性、不安定なソース、低酵素活性の問題があります。 Bplantは、従来の技術を合成生物学に置き換え、指示された進化によって酵素活性と安定性の両方を改善しました。飼料処理の提出では、ブロメランは、飼料中のタンパク質をポリペプチドと、動物が消化して吸収しやすい小さなペプチドに変換できます。飼料変換効率を改善し、動物の耐性を高め、抗生物質の代替品としての抗生物質の使用を減らすなど、さまざまな利点をもたらします。このアプリケーションのシナリオでは、安全対価を考慮するために、ブロメラン生産プラントとして亜種を使用したいと考えています。
Go to Wiki


Freiburg
Title
chAMBER – Tidying up bacterial cells with natural and engineered nanocompartments

Abstract
サイズが小さいにもかかわらず、バクテリアには洗練された動的な内部組織があり、CO2固定を実行するカルボキシソームなど、特定のタスクに最適化された明確な微小環境を特徴としています。私たちは、物理的な近接のおかげで、毒性サイドプロダクションの形成と経路成分間のより効率的な相互作用のために、酵素を局在させ、代謝プロセスを促進する能力について、異なるコンパートメント化システム(剛性シェルと液体液滴)を設計し、比較することを目指しました。計算構造生物学を使用して、非標準アミノ酸(NCAA)の取り込みが細孔サイズに影響を与える可能性がある部位を予測しました。将来のIGEMチームへのNCAAの使用を促進するために、文献から重要な情報を収集するデータベースであるInclusiveを開発しました。さらに、コンパートメントの形成と代謝経路出力に対するゲノムの減少の影響を調査しました。結論として、私たちのプロジェクトは、細菌細胞の全力を活用するためのツールとして区画化を使用するための基礎を築きます。
Go to Wiki


USTC
Title
Optimized Lipid Nanoparticle Pharmaceutical Drug Delivery System through Borneol Modification

Abstract
脂質ナノ粒子(LNP)は、新規の医薬品薬物送達システムであり、新しい医薬品製剤です。しかし、この有望な薬物送達システムは、血液脳関門(BBB)を横切る薬物送達が困難なため、多くの脳疾患に影響を与えません。私たちのプロジェクトでは、ボルネオールによって修飾された新しいナノ粒子であるBor-NPを開発しました。これは、BBBを横切る他の薬物の輸送を強化する能力で証明されています。同時に、この種のBOR-NPを大量生産できるシステムを確立しようとしました。 Yarrowia Lipolyticaを利用してボルネオール生産を強化し、次にこれらのボルネオールをN-ヒドロキシコキシミドポリ(エチレングリコール)ポリ(乳酸 - コグリコール酸)(NHS-PEG-PLGA)のコキシミド基に結合して生成します。 bor-np。結論として、私たちのプロジェクトは、ナノ粒子を生産してBBBを通過し、この種のナノ粒子を生成してコストを削減し、より良い治療効果を達成するための効果的な生体製造システムを確立することに焦点を当てました。
Go to Wiki


BIT-China
Title
Oxygen Hunter

Abstract
合成生物学による化学製品の生産は、従来の化学合成よりもますます有利になっています。生体系で使用される多くの酵素は酸素から分離する必要がありますが、微生物呼吸は酸素なしではエネルギーを生成することはできません。現在、物理的平均は主に窒素を注入して低酸素環境を作成するために使用されていますが、これはすべてのアプリケーションシナリオを満たすことができません。したがって、今年、Bit-chinaチームは、大腸菌の正常な代謝レベルの微生物レベルで細胞内低酸素環境の作成に取り組んでおり、大腸菌を使用して、製品効率を促進する合成モジュールを導入するための機能的要素を発現しました。さらに、BPニューラルネットワーク予測用の使いやすいツールボックスを構築して、将来の開業医がモデルを促進します。
Go to Wiki


Groningen
Title
Nanobuddy: A Novel Nanotherapeutic Prevention Strategy Against Highly Pathogenic Avian Influenza

Abstract
非常に病原性の鳥インフルエンザウイルスは世界を一掃します。現在のバイオセキュリティおよび予防戦略(静脈内ワクチン接種など)は不十分で物流の悪夢が不十分であり、世界中で何百万もの家禽の死をもたらします。鳥インフルエンザに対して大幅に中和するナノボディを分泌します。これらのナノボディは、ウイルスのヘマグルチニン受容体の保存された領域に結合し、細胞に入るのをブロックしました。私たちのプロジェクトのいくつかの側面を調査しました。反avianインフルエンザナノボディの有効性を調査し、シリコのナノボディデザインワークフローを提案しました。さらに、温度に敏感なバイオセーフティモジュールを開発し、最終的な製品を知らせるために広範な人間の実践を行いました。
Go to Wiki


Duke
Title
NODES: Novel Organoid-dependent Drug Efficacy Screening implementing high-throughput, droplet-based brain organoids

Abstract
年間約20,000人のアメリカ人に影響を与える神経膠腫の治療は、治療薬をテストするためのスケーラブルで生理学的に関連するモデルの欠如により制限されています。 Duke Igemは、一般的なIDH1/2変異神経膠腫バリアントの治療効果を特徴付けるハイスループットオルガノイドベースの薬物スクリーニングプラットフォームであるノードを開発しています。当社のプラットフォームは、経路調節不全、治療耐性、および癌の進行に関連する腫瘍後葉であるD-2-ヒドロキシグルタル酸(D-2HG)の細胞レベルを測定します。フェーズ1でD-2HGバイオセンサーを特定した後、フェーズ2で蛍光ベースのレポーターシステムを構築しました。入出力用量応答やD-2HG測定精度など、システムの運用特性を検証しました。私たちの仕事の社会的倫理的意味を探るために、フェーズ1の利害関係者分析を拡張して、サンプル細胞株の性的および人種的表現がどのように研究に影響するかをレビューしました。生理学的に関連して動的に測定可能な設計を通じて、ノードは薬物反応を正確に特徴付ける可能性があり、神経膠腫患者に新しい希望を提供します。
Go to Wiki


Stony_Brook
Title
PROS: Intravenous Administration of Recombinant Human Protein S

Abstract
タンパク質の欠乏は、致命的な血閉鎖の形成につながる状態であり、深部静脈血栓症や肺塞栓症などの広範な障害に寄与し、年間約90万人のアメリカ人を殺します。これらの障害の治療は、複数の副作用を伴う血液シンナーに限定されています。私たちのプロジェクトであるProは、組換えヒトタンパク質療法の最初の注射可能な送達を提案しています。静脈内投与されたタンパク質は、タンパク質の欠乏症、およびTBIや重度のCOVID-19を含む他の障害の治療に役立ちます。これを達成するために、私たちのチームは、原核生物系におけるPCR反応、LIC反応、およびタンパク質S発現を最適化しました。また、タンパク質の欠乏の診断手順を合理化し、テストのコストを40%削減するアルゴリズムを確立しました。全体として、私たちは、タンパク質の欠乏症および関連障害の治療として注射可能なプロを製造および届けるためにさらに構築できるアクセス可能で包括的なプラットフォームを作成することに成功しました。
Go to Wiki


iBowu-China
Title
Extragalin: Manufacturing Astragalin for a Potential Alzheimer's Disease Cure Using Synthetic Biology

Abstract
約1,000万人のアルツハイマー病患者は、世界最大の中国で診断されています。現在、特に中国では、効果的で手頃な価格の薬物が不足しているため、十分な治療法はありません。今年、チームのイボウ・チーナは、効果的な治療法になる可能性を秘めた植物ベースの物質であるアストラガリンについて学びました。 Astragalinは、薬用植物に存在する天然のフラボノイド化合物です。従来の抽出は十分な製品量につながることはなく、経済的な入手可能性で大規模な使用法を制限しています。操作性大腸菌を使用してアストラガリンを製造する生体合成経路を研究し、広く入手可能な基質ナリンゲニンからアストラガリンを生成するために株に一連の植物誘発酵素を発現します。実験的に、酵素の生産を特徴づけ、アストラガリンの生産を検証し、より高い収率の生産条件を最適化しようとしました。また、アルツハイマー病と合成生物学の社会的認識を高めるために、創造的な教育と科学のコミュニケーション活動を実施しました。
Go to Wiki


BNSC_China
Title
ONCE: Advanced Synthetic Biology Platform for Industrialization

Abstract
BNSC_CHINAは、中国のIGEM卒業生で構成されるチームです。私たちはかつてIgemersでしたが、今ではIGEMチーム以上のものです。私たちの目標は、IGEMプロジェクトをアイデアから工業化に導き、最終的に世界を変えることです。徹底的な市場と業界の分析の後、バイオ製造の潮流が形成されていることに気付きました。新しい合成生物学製品の従来の開発には時間がかかります。ただし、消費者の急速なニーズに合わせて、迅速なR&Dパイプラインが必要です。この問題に対処するために、急速に成長している非モデル生物であるVibrio NatriegensのCRISPRベースの遺伝子操作ツールキットを開発しました。これらの有効化技術により、最初の製品( - ) - アルファビサボロールを提示し、E.coliよりもかなり高い収量を達成しました。( - ) - アルファビサボロールのほかに、食品および化粧品製品のさらなる事業計画が作成され、実現しています。一緒に、私たちはイゲマーが世界を変えていると信じています。
Go to Wiki


UTokyo
Title
OPTOPASS - Optogenetic Passcode System for Greater Safety & Security -

Abstract
バイオセーフティとセキュリティは、新世代の合成生物学の鍵です。遺伝子組み換え生物(GMO)は、グローバルな問題を解決する可能性が大きいことを示しています。しかし、自然環境におけるGMOのリリースは、より広い社会への実施を阻害する大きな安全上の懸念であることです。また、イノベーションを奨励するためには、知的財産、特にGMOの遺伝子配列とGMO自体を悪意のある関心と二重使用から保護することが重要です。今年、微生物の光遺伝学的パスコードシステムであるOptopassを提示します。このシステムでは、s.cerevisiaeは、正しい光の色に正しい順序でさらされた場合にのみターゲット物質を生成します。ただし、光が間違った順序で適用される場合、または培養が日光の下に残されている場合、キルスイッチが活性化されます。光と秩序を組み合わせた独自のアプローチを使用して、Optopassは合成生物学の将来のためのより大きな安全性とセキュリティを提案しています。
Go to Wiki


INSA_Lyon1
Title
Lighting up the future of agriculture: FIAT LUX, a biosynthetic tool to track bacteria

Abstract
特に作物は毎年新しい細菌植物物質によってさらに危険にさらされているため、食料安全保障は最近の大きな挑戦です。病原体を研究するための現在のツールは効率的ではありません。Luxcdabe Operon Iluxの改良バージョンに基づいた私たちのプロジェクトであるFiat Luxは、特にin vivo感染研究のために、レポーター遺伝子としての発光の使用を簡素化することを目指しています。宿主をサンプリングまたは殺すことなく、組織内の発光細菌の拡散を追跡することができます。私たちのチームは、Dickeyaによって引き起こされたジャガイモの軟性腐敗病に概念の証明を集中しています。Fiat Luxは、この感染をよりよく理解するための有望なツールであり、それに対処するのに役立ち、より持続可能な農業慣行の構築に貢献します。IGEMの後、Fiat Luxの使用を可能な限り多くの宿主病原体関係に拡張します。また、有益な共生相互作用を研究することは将来も役立つかもしれません。
Go to Wiki


USTC-Software
Title
MEI:Modified Enzyme Interface

Abstract
通常、完全な代謝経路には、複数のノードとマルチステップの反応が含まれています。反応の触媒のためにデータベースに容易に適切な酵素がない場合があり、研究にいくつかの困難をもたらします。Pathpredなどの一部の経路設計ソフトウェアは、代謝経路全体を予測できますが、中間反応が切断されることは依然として避けられません。したがって、修正された酵素界面(MEI)は、未知の反応を触媒する酵素候補を提供するように設計されています。単一のステップ反応の前提により、MEIは構造比較アルゴリズムを使用して潜在的な酵素をスクリーニングしました。これに基づいて、ユーザーはさらなる修飾のために酵素を選択できます。これは、標的反応を触媒できる効率的な酵素を得る可能性が高くなります。MEIを使用すると、合成生物学者が実験時間を短縮し、望ましい酵素をより迅速に見つけるのを支援したいと考えています。
Go to Wiki


HKU_HongKong
Title
Transgenic Cecropin B-expressing Chlorella autotrophica for passive immunization of fish

Abstract
抗菌性耐性は、抗生物質の無差別使用から生じる全体的な現象です。この問題と戦うために、抗菌ペプチドセクロピンB(CECB)は、非常に効果的で広範囲な抗生物質の代替品が、微細藻類のシャーシを発現する適切に研究された高生産性のタンパク質であるトランスジェニッククロレラオブトフィカで発現しています。抽出のための分泌シグナルペプチドで発現しています。 SUMO-PROTEASEを使用したビトロ内切断のSUMOタグ。有効性を検証するために、分離されたCECBは一般的な水生病原体に対してテストされます。シグナルペプチドを除いて、ビトロ内切断システムも細菌シャーシを使用して発現します。これは、設計をテストし、微細藻類と細菌の合成能力の違いを定量化することです。産業用のシステムを修正するために、シグナルペプチドを除去し、窒素星誘発誘導プロモーターの下にSUMOプロテアーゼがさらに挿入され、SUMOでin-vivoを切断して活性AMPを生成します。次に、微細藻類は凍結乾燥し、内部的に活性アンプを保存し、補足飼料として使用できます。
Go to Wiki


CUG-China
Title
A Broadly Applicable Transcription-Based C-di-GMP Biosensor

Abstract
自然界では、微生物はプランクトンまたはバイオフィルムとして存在する可能性があります。病原体バイオフィルムが人体で形成されると、根絶するのはかなり困難になります。セカンドメッセンジャーC-Di-GMPはバイオフィルム形成の正の調節因子であり、C-Di-GMPシグナル伝達は、抗病原性化合物の発達の潜在的な標的と見なされます。ただし、多くの細菌でC-Di-GMPレベルをリアルタイムで監視することはできません。これにより、C-Di-GMPを標的とした抗病原性化合物を効果的にスクリーニングすることが制限されています。この制限を克服するために、さまざまな細菌のC-Di-GMPレベルを測定するために容易に適応できるC-Di-GMPバイオセンサーを構築します。C-Di-GMPバイオセンサーの適用を実証するために、C-Di-GMPレベルを低下させることにより、大腸菌およびShewanella oneidensisバイオフィルム分散を誘導できるエージェントを選別するツールとして使用します。
Go to Wiki


Wageningen_UR
Title
Colourectal; a living diagnostic tool for colorectal cancer

Abstract
結腸直腸癌は、世界で2番目に致命的な癌です。現在採用されているスクリーニング方法は、検出率が低く、頻繁な誤検知をもたらし、診断を逃したり不必要な追跡治療を受けたりします。使いやすい生活診断ツールであるColoureCtalを作成しました。プロバイオティクス株Escherichia coli nissle 1917を設計し、腫瘍細胞に結合し、2つの異なる癌バイオマーカーを検出し、便中の色のタンパク質を分泌しました。乳酸バイオマーカーを検出するしきい値ベースの回路をモデル化および構築し、乳酸レベルが大幅に上昇したシグナルタンパク質の発現をもたらしました。 2番目のバイオマーカーであるマトリックスメタロプロテイナーゼ9は、シグナルタンパク質の色を活性化します。さらに、温度とムチンに依存することにより、大腸菌ニッスル1917の生存率を結腸に制限するためにバイオセーフティ回路を実装し、誘導性のあるキルスイッチを導入しました。最後に、私たちは腸における私たちの生きている診断の潜在的な持続性をモデル化しました。
Go to Wiki


Lambert_GA
Title
CADlock: Early Screening for Coronary Artery Disease by Detecting MicroRNAs Through the Rolling Circle Approach

Abstract
冠動脈疾患(CAD)は、世界中で毎年1億780万人の死亡を占めており、特に米国南東部では高い割合があります。現在の検出方法は費用がかかり、侵襲的であるため、多くの人がアクセスできません。 CadlockはMicroRNAバイオマーカーを利用して、CADに新しいスクリーニングツールを提供します。当社のプロジェクトは、ローリングサークル増幅を備えた南京錠プローブを使用して、蛍光を介してマイクロRNAを定量化します。さらに、MicroRNA入力に基づいた南京錠プローブ生成ソフトウェアであるプローブビルダーと、CADのポイントオブケアスクリーニングを可能にするポータブル蛍光量子QであるMicro-Qを開発しました。 CADの現在のMicroRNA研究は限られているため、研究者がmiRNA特性評価を追加するためのツールとしてCadlockを提供するようになりました。私たちは、プロジェクトの影響に関するフィードバックを得るために、アメリカ心臓協会、ジョージア心臓病院、心臓病専門医、研究者、患者を含む利害関係者に連絡しました。 Cadlockは、研究者と医師に追加の検出方法を提供し、CADのポイントオブケアスクリーニング手順を促進します。
Go to Wiki


UCopenhagen
Title
Netlantis: Making a sustainable impact in the fishing industry by developing novel net fibres

Abstract
釣りは世界最大の産業の1つですが、最も持続可能な産業ではありません。ナイロンで作られた漁網は、完全に劣化するのに600〜800年かかります。紛失したネットは、大太平洋のゴミ枠の少なくとも46%を構成すると推定されており、毎年約650.000匹の動物を傷つけたり殺したりする可能性があります。したがって、より環境に優しいアプローチは、業界とそれが影響する環境の安定性を確保するために、緊急で最も重要です。ナイロンに匹敵する強度と柔軟性を備えたSpider Silkを使用し、それをMussel Footタンパク質と組み合わせることにより、生分解性の漁網に双子にできる繊維を作成することを目指しています。私たちは、私たちの研究と革新のラインでのさらなる仕事は、持続可能な漁業の発展に大きな影響と貢献をするだけでなく、国連SDGを満たすためにも大きな影響を与えると予測しています。
Go to Wiki


Shanghai_city
Title
Fish tank scavenger

Abstract
この研究は、細菌阻害の代替ソリューションを見つけることを目的としています。現在、抗生物質は微生物感染に対する有効性のために一般的な選択肢ですが、その虐待は細菌耐性の問題につながり、世界的な健康に大きな脅威をもたらします。抗菌ペプチド(AMP)は、細菌耐性を引き起こすことなく細菌活性を阻害できるアルカリ性ポリペプチドです。この問題では、次の官能遺伝子に基づいて5種類のアンプを開発しました:ヒドマシン-1、スパニシン-2、スパラモシン26-54、LL-37、および融合。標的遺伝子はプラスミドPET28A(+)に統合され、E.COLI BL21(DE3)有能な細胞でAMPを発現しました。細菌阻害機能の開発に加えて、融合アンプには抗真菌性能力があります。水族館は定期的に大量の水を置き換えているため、作成されたアンプが水資源を節約するために、より便利な水タンククリーニングの方法に光を当てることができることを願っています。
Go to Wiki


HBUT-China
Title
Antioxidant Alchemy: Cutting-edge synthesis of the potent antioxidant Ergothioneine

Abstract
老化と疾患は、過剰なフリーラジカルの生産に関連しています。フリーラジカルを清掃するための効果的な方法を見つけることは、食品および化粧品産業の1つであると考えられています。キノコで一般的に見られる天然の抗酸化物質であるエルゴチオネイン(EGT)は、かなり強力な特性を持っています。しかし、人体はそれを合成することはできません。その結果、Ergothioneineの生産に対する大きな市場需要があります。私たちの主な目標は、EGTのより高い生産を達成することです。酵母Saccharomyces cerevisiaeをEGTの生産のためのシャーシとして設計しました。CRISPR-CAS9テクノロジーを適用して、2つの遺伝子を酵母ゲノムに統合し、S.cerevisiaeのEGT生合成経路の構築に成功しました。さらに、EGTの前駆体であるアミノ酸の適切な濃度で培地を最適化した後、生産をさらに改善できます。この作業は、EGTの産業生産のために、より持続可能で低コストで効率的なアプローチを提供します。
Go to Wiki


SubCat_Shanghai
Title
Say “goodbye” to tumor resistance

Abstract
神経膠腫は、悪性腫瘍と死亡率が高い成人中枢神経系の最も一般的な悪性腫瘍です。テモゾロミド(TMZ)化学療法と放射線療法の組み合わせは現在、高悪性度神経膠腫の標準的な第一選択レジメンですが、化学療法の進行により、ほとんどの患者は最終的に神経膠腫治療不全につながるTMZに対する耐性を発症します。この研究の結果は、基本的および臨床研究のためのTMZ耐性神経膠腫細胞株を提供し、TMZ耐性を逆転させ、TMZ療法の有効性を高めるための潜在的な分子標的を提供します。キーワード:神経膠腫、TMZ
Go to Wiki


HNU_China
Title
P Pack

Abstract
Pパックは一般に、富栄養水から無機リン酸をリサイクルできる遺伝的修飾E.coli株です。私たちのプロジェクトは、E.coliゲノムのリン代謝に関連する3つの在来遺伝的部分に焦点を当てています。一般にリンの飢vで発現するPST複合体は、リン酸を効率的に吸収するために使用されます。E.coliの細胞質のリン酸塩は重合して、貯蔵型としてポリリン酸(Polyp)を生成できます。このプロセスは、変異したPPKタンパク質によって実施されます。一般にリン酸放出を導出すYJBB複合体は、リン酸リサイクルのために調節されます。これらの部分のフレームワークは、CI857と呼ばれる熱感受性リプレッサーによって行われます。遺伝的に修正されたE.coli株は、リン酸塩吸収と異なる熱条件での放出の間にモードを切り替えることができます。
Go to Wiki


FAFU
Title
“Pipeline Tracker”:New device for regionalized detection of pathogens

Abstract
流行の発生を検出する方法は、古代から人類にとって挑戦でした。特定の地域で感染症が発生した後、迅速な反応と制御は多くの命を救い、健康を回復します。水はすべての人の生存に必要な資源です。同時に、誰もが毎日多くの国内の廃水を生産しています。多くの既知の病原体は、国内の廃水で長期間活動し続けることができます。FafuはCovid-19を例として使用し、リビングエリアの下水道パイプの近くに配置することにより、ウイルスを検出するデバイスを開発しました。
Go to Wiki


SHSBNU_China
Title
SynFlora7

Abstract
目の保護の問題は、中国のティーンエイジャーにとって最大の心配の1つになりました。反応性酸素種(ROS)は、眼細胞タンパク質を損傷すると想定されています。日光と電子スクリーンは青色光を発します。これは、ヒトのレンズを眼の黄斑領域に浸透させ、酸化的損傷を引き起こすと想定されています。アントシアニンは、植物に広く見られる天然の色素であり、主に花です。それらは、目の保護や抗酸化効果など、多くの生理学的機能を支援するためのヘルスケア製品として報告されています。今年、Shsbnu-Chinaは、アントシアニンを生産する能力を与えるために、E.coliに無傷の代謝経路を構築することを目指しています。アントシアニンを生成するための経路全体には、7つの酵素が含まれています。分子生物学と合成生物学法を使用して、E.coliで酵素を発現し、アントシアニンの産生を検証しました。さまざまな実験条件下で酵素生産品質を特徴づけて、生徒の目を保護するためにアントシアニンを使用して収量と提案された製品を最適化しようとしました。
Go to Wiki


UCAS-China
Title
FitYo: Customizable Meal Replacement System Based on Synthetic Biology

Abstract
Fityoは、工学的発酵細菌と食事交換システムの2つの成分で構成されています。彼らは組み合わせて、非常に多様でカスタマイズ可能な食事の交換製品を探している人のために、ユーザーフレンドリーでオンデマンドの栄養ソリューションを提供します。合成生物学的アプローチを使用して、光と温度によって同時に制御できる発酵システムを構築し、異なる化合物の調節された選択的生産を可能にしました。ビジョンを実行するために、顧客が好みのフレーバーと機能に基づいて食事の交換ミルクセーキを調整できるようにするハードウェアおよびソフトウェアツールのセットを開発しました。さらに、さまざまな顧客グループや、プロジェクトのデザインと最終的な目的を形作る際に支援された他の人間の実践活動への調査を行いました。本質的に、Fityoは、将来の食事に無限の可能性を提供することを目標に、健康的な食事と無料の選択の概念を支持しています。
Go to Wiki


CPU_Nanjing
Title
Accelerating the Evolution of Phosphorus on Terrestrial Planets by Coupling Phosphite Oxidation and Polyphosphate Synthesis.

Abstract
低酸化状態のリン酸塩は、陸生惑星のリンの支配的な形態であり、将来の星間移動に恐るべき挑戦をもたらしました。人生のあらゆる側面に関与しているリン酸塩むしろリン酸塩は、人間の文明の進歩に不可欠です。したがって、リン酸塩のリン酸塩を製造することは、将来の成功の鍵です。本明細書では、リン酸塩デヒドロゲナーゼ(PD)とポリリン酸キナーゼ(PPK)を結合することにより、大腸菌がリン酸塩から連続的にリン酸を生成するように拍車をかけることができる戦略を提案しました。私たちの操作された代謝経路では、細胞内ATPに由来するポリリン酸が重要な中間体です。 ATPの1つのリン酸ラジカルがポリリン酸合成のためにPPKによって奪われていることを考えると、ATPの再生によりPDによるより多くのリン酸塩の酸化が必要であり、したがって高いリン酸塩の収率が達成されます。さらに、陸生惑星のコンテキストで生産試験を実現するために、操作されたシャーシに酸素と栄養素を提供することを目的とした太陽エネルギー駆動型藻類処理ハードウェアを開発しました。
Go to Wiki


NDSU
Title
A Better Alternative to Azo Dyes

Abstract
私たちの学生主導のIGEMチームは、細菌で生成された工学的タンパク質を使用して、織物の天然染料の開発に取り組んでいます。現在、ほとんどの繊維染料は、アゾ染料の使用に依存しています。これらの染料は、発がん性、光合成還元剤であり、重金属を含むことができます。また、非常に安定しているため、水生生態系で長続きします。これは、水生環境で変性する非毒性のタンパク質ベースの色素に置き換えたいと考えています。多くの細菌は、すでに染色プロセスで使用できるさまざまな色の天然色素を生成しています。自然に発生する色素とセルロース結合ドメインを組み合わせて、綿布での色素保持を増やすことができました。このプロセスには、最適なタンパク質配向を見つけるための複数のコンストラクトの作成が含まれていました。当社の製品は、持続可能で環境的に安全な代替品を提供することにより、有害な合成染料を置き換えることができます。
Go to Wiki


Leiden
Title
Binanox: A microbial factory for the production of bimetallic nanoparticles, suitable for photothermal cancer therapy

Abstract
毎年、世界中で90万件以上の頭頸部がんの症例が診断されています。これらの癌の新規で有望な治療法は、光熱療法(PTT)と呼ばれます。PTTは、レーザーから800 nmの光を熱に変換するナノ粒子を利用して、腫瘍細胞を殺します。PTT用のナノ粒子の生物学的生産は、他の合成方法よりも優れています。私たちのチームは、大腸菌BL21でNAPA、COPA、CUEO、およびMELA遺伝子を過剰発現することにより、これらのナノ粒子を生成するための微生物工場を開発しました。これらの株の上清を使用して、銀イオンと金イオンを減らし、バイメタルナノ粒子を形成しました。ナノ粒子は、分光光度測定と透過型電子顕微鏡(TEM)を使用して分析されました。800 nmの吸光度を最適化するために、Box-Behnken Designと呼ばれる統計モデルを採用しました。生成されたナノ粒子は、ウニのような形状と50〜100 nmの直径を持ち、これはPTTに最適で、レーザーから800 nmの光を熱に変換することができました。
Go to Wiki


TecCEM
Title
Hydro-defense: defending crops against disruptors

Abstract
内分泌壊滅化学物質(EDC)は、植物、家畜、人間の健康に影響を及ぼし、プラスチック、農薬、薬物廃棄物汚染を介して水に侵入します。 IGEM Teccem 2022は、この問題に2つの密接に関連するプロジェクトで対処することを目指しています。第一に、生物学的認識、金ナノ粒子、および開発されたソフトウェアに示されるシグナル伝達のための圧電のためのヒトエストロゲン受容体アルファタンパク質で構成される作物灌漑水のEDCの量を定量化できる電気化学バイオセンサーを含む品質規制に貢献します。次に、EDCを酸化し、それらを低下しない光感受性化合物に分解するゼオライトに包まれたさまざまなタイプの固定化された組換えラッカーゼで構成される劣化システムの問題を解決します。 3番目のプロジェクトは、選択マーカーとしての使用により、抗生物質耐性の懸念に対処しています。イソゲノールモノオキシゲナーゼは、大腸菌株の代替選択マーカーとして提案され、イソゲノールを阻害成長物質として実装しました。
Go to Wiki


CCA_San_Diego
Title
SchistoGONE: Novel Prevention of Parasitic Diseases

Abstract
住血吸虫症の症例は年間2億人を超え、さらに7億人が風土病地域に住んでいます。現在の方法は反動的であり、影響を受けるコミュニティにはアクセスできず、ゆっくりと効果がなくなるため、この病気は40年の利用可能な治療にもかかわらず持続します。住血岩は、生体膜glabrataに存在する住血吸虫の胞子胞段階を利用することにより、恒久的に終末層診断に対する環境的アプローチを紹介します。斜角は、7プラスミドE.coliとW303 S.cerevisiaeの組み合わせを使用して、環境封じ込め違反が良性サブストレートのみを放出する最適化された生合成経路と保険を組み合わせた7プラスミドE.coliとW303 s.cerevisiaeの組み合わせを使用して、植物ベースの抗スchistosomal化合物サンギナリンの生合成から始まります。修正された微生物は、酵母に自然に引き付けられたバイオムファリアグラブラタカタツムリに簡単にアクセスできる水域に位置する特別に設計されたプレートに含まれています。層吸虫腫の唯一の中間宿主によるサンギナリンの結果として生じる消費は、胞子胞子嚢胞を根絶します。片岩は、10億近くの命を救い、そのソースで住血吸虫症を根絶することで数え切れないほど改善できます。
Go to Wiki


Missouri_Miners
Title
Disparlure Production in S. Cerivasiae for Spongy Moth Population Control using M.O.T.H.Y.

Abstract
一般的にスポンジ状のムスとして知られているライマントリアのdisparは、ユーラシア系のmothの種です。彼らは米国の侵略的な種であり、中西部の森林と地元の農場を傷つけ、主に彼らが住む木を脱リライアすることで北東に害を及ぼしています。S. cerevisiae、または醸造者酵母は、スポンジ状のモスゲノムに見られるレダクターゼとデサチュラーゼを介して、スポンジ状のモスフェロモン脱包、CIS-7,8-エポキシ-2-メチロクタデカンを産生するために遺伝的に修飾されました。このフェロモンを産生する酵母株は、M.O.T.H.Yと呼ばれるスポンジ状のMothトラップの改善の成分として使用できます(役立つ酵母を介してMothを上回る)。これは、地元の森林と農場の保全に利益をもたらす可能性があり、一般的な研究方法論は、世界中のより多くのフェロモンを生成する侵入種に適用できます。
Go to Wiki


SCUT-China
Title
FUNCDYES

Abstract
シルクは中国の手工芸品の重要な代表です。シルクは軽くて薄く、衣服として着るときは快適な食感があります。しかし、汗で汚れたり、直射日光にさらされたりした後、壊れやすく鈍くなる可能性があります。死にかけているプロセス中に、多くのエネルギーが消費され、多くの汚染物質が生成されます。これは環境に非常に有害です。その結果、私たちのチームは、シルクに色と抗菌特性を提供する合成生物学を備えた特別な染料、リコピン、パチョロールを生産します。これらの2つのテルペノイドは、Pichia pastorisを使用してin vivoで生成できます。プロモータースクリーニングを行い、最適な修正プロモーターを選択し、EPPCRを実行して重要な酵素PTSを変異させて、その効率を向上させます。また、リコピンとパチョロールの生産に関する精巧な規制を達成するために、光遺伝学的システムを構築します。また、ターゲット株をスクリーニングするために、迅速かつ正確な視覚化方法が表示されます。
Go to Wiki


SYSU-Software
Title
LOUPE

Abstract
原核生物とウイルスの間の武器競争は、CRSIPR-CASシステムやRMシステムなど、さまざまな防御システムの進化を促進します。この遺伝子は、ゲノムの大部分を占めています。研究は、これらの防御遺伝子が集まって、いわゆる防衛島を形成する傾向があることを示しています。防衛島の内部には、新規防衛遺伝子になる可能性のある現在の未知の遺伝子の多くが存在していますが、必要な複数のバイオインフォマティックツールの膨大な量のデータとスキルは、フィールドに新しい研究者にとって非常に不親切であり、フィールドにより、既存のデータベースが追いつくことが難しくなります。したがって、私たちのプロジェクトループは、主に防衛島の概念を活用することにより、現在未知の原核生物における現在未知の防御遺伝子の発見に焦点を当てています。これは、最適化されたプロトコルを備えた防御遺伝子のローカル予測および評価プラットフォームと組み合わせたオンラインデータベースで構成されています。
Go to Wiki


SUSTech_EMB
Title
Intellectual diagnosis and exosome-based target therapy of NSCLC

Abstract
肺がん、特に非小細胞肺癌(NSCLC)に言及した場合、肺がんの85%90%を含む頭部を突き刺すことです。今年、Sustech_embは、NSCLC患者にパーソナライズされた知的診断と正確な治療を提供するためにExmartと呼ばれるシステムを開発しました。当社の機械学習ベースのアルゴリズムは、患者の肺CT画像を使用して正確かつ迅速な診断を行うことができます。NSCLCと診断されると、患者はバイオセーフティチェックされた単独を含む独創的なエキソソームを受け取り、KRAを阻害することにより腫瘍の成長を特異的に阻害できます。エキソソーム分泌とエキソソーム媒介薬物送達の数学モデルは、システムの効率を評価して最大化するために構築されています。Sustech_embは、早期診断と正確な治療のNSCLC患者を支援して、生活状態を改善したいと考えています。
Go to Wiki


Sogang_Korea
Title
SynBioBot - A Robotic Arm System for Cell Culture and Viral Transduction with Remote Control

Abstract
細胞培養ラボでは、熟練した研究者は、人間の仕事のために設計された環境で繊細なルーチンを実行します。パンデミック中のラボへのアクセスが限られているため、24時間操作を必要とするライブセルを維持することは困難でした。 Sogang_koreaは、リモートで自動化された細胞培養プロセスと合成生物学実験が可能なロボットシステムであるSynbiobotを構築することを目指しています。 6軸ロボットアームを使用して、細胞播種、媒体移転、インキュベーター貯蔵、細胞通過を含む自律細胞培養作業を行いました。正確な機器の位置決めと制御のシステムプログラミングに加えて、機械式インターフェイスを設計し、ロボットアームが変更なしで人間の手のために設計されたさまざまなラボツール(例:ピペット)を使用できるようにしました。 Synbiobotは、哺乳類細胞におけるレンチウイルス形質導入のような遺伝子修飾プロトコルをさらに実行しました。このシステムは、リモート教育プラットフォームとして使用でき、恵まれない地域の学生が生物学的実験を実践できるようにします。
Go to Wiki


SUNY_Oneonta
Title
CyanoSpectre

Abstract
シアノバクテリアは、有機化合物の持続可能な合成のための効果的なシャーシとして急速に発生しています。現在、プラスチック、タンパク質、バイオ燃料などを生産するために使用されています。シアノファージは、自然のシアノバクテリア集団を調節するシアノバクテリアに感染するウイルスです。これにより、シアノバクテリアエンジニアリングの有望な車両になります。シアノバクテリアと協力する科学者とIGEMチームを支援するために、このプロジェクトは、それらの使用のためにシアノファージツールキットを作成することを目指しています。私たちのプロジェクトは、海洋シアノバクテリアを認識して拘束できるゴーストファージを作成します。シアノファージ遺伝子の最小限のセットは、大腸菌で複製し、ファージの構造タンパク質を生成できるファゲミドベクターに組み立てられます。私たちのファージを修正されたシアノバクテリアを固定化するために利用できるようにするために、カプシドのビオチンタグ付きバリアントが作成されます。ファージツールキットのさらなる開発により、シアノバクテリアエンジニアリングのDNA送達媒体として使用できるようになります。
Go to Wiki


UChicago
Title
Perfluorosense: Biosensor for the detection of perfluorooctanoic acid

Abstract
Perfluorooctanocid(PFOA)は一般的な水汚染物質です。この化学物質の検出には、液体クロマトグラフィーと質量分析が必要です。これは、必要なコストと広範なトレーニングのために簡単にアクセスできません。したがって、よりアクセスしやすい検出方法を開発する努力が重要です。Uchicago IGEM 2022チームは、T7ポリメラーゼを使用して細菌バイオセンサーの開発を開始し、PFOA検出時に蛍光シグナルを増幅します。PRMAとして知られる細菌種Rhodococcus jostiiに見られるプロモーターは、環境におけるPFOAの存在に反応します。USAFA IGEM 2019による以前の研究では、PRMAのみを使用して赤蛍光タンパク質発現を駆動すると低いRFP発現が得られることが示されました。したがって、設計されたシステムはPRMAを使用してT7ポリメラーゼの発現を促進します。緑色の蛍光タンパク質遺伝子のT7プロモーターを上流に配置することにより、私たちの設計は、GFPを可視レベルに増幅し、現場で簡単で安価な水試験を可能にすることを目的としています。
Go to Wiki


GDSYZX
Title
Application of photoinducible promoter in the biosynthesis of patchoulol in yeast

Abstract
パチョロールは、ポゴステモンカブリンの主要な活性成分の1つであり、植物病原性微生性微生物や人間の疾患と戦うためによく使用されます。パチョロールは、自然抽出、化学合成、および合成生物学工学によって得ることができます。ただし、自然抽出はしばしば低効率であり、化学合成はしばしばコストがかかり、非効率的であり、鏡像的に純粋なパチョウロールを生成しない可能性があります。強力なプロモーターまたは光誘導プロモーター高クロロフィル蛍光173(HCF173)によって駆動される、ファルネシルジホン酸シンターゼ(FPS、ERG20)およびパチョロールシンターゼ(PTS)の過剰発現により、酵母の高レベルのパチョロール産生を設計しました。この戦略により、パチョロールの合成が増加し、研究、工業生産、または治療用途向けの他のテルペンのより高いレベルを生成するための基礎も提供する可能性があります。
Go to Wiki


Wego_Taipei
Title
Eutro in Vitro: Synthetic Biological Reduction of Phosphate Concentration to Resolve Eutrophication

Abstract
さまざまな水域では、肥料やバイオシドを含む農業化学物質からの栄養素の過剰が富栄養化の過程をもたらしました。リン酸塩と窒素量の増加は、藻類のブルームに続いて、水域での生活の持続可能性の低下につながります。現在存在する物理的および化学的ソリューションは、特定の条件に限定されており、生態系を妨げる可能性があります。私たちのプロジェクトは、そのルーツからの富栄養化の問題を解決するための新しい方法を提示します。有機リンヒドロラーゼ(OPH)およびアンチセンスPHOU mRNA(asphou)を過剰発現するバクテリアを工学することにより、解毒のために有機リン酸塩を無機リン酸(PI)に加水分解し、PI輸送の有効性を高め、Piの過剰をポリフリン酸(Polyp)に固定することができます(Polyp)。 、 それぞれ。ポリリン酸蓄積を検出するためのバイオセンサーを備えた工学的バクテリアを含むフィルタリングデバイスの実装は、最終的に富栄養化のサイクルを防ぐために、水域のリン酸塩レベルを低下させる可能性があります。
Go to Wiki


Tongji_Software
Title
AcrGPS(Anti-CRISPR Genome-based Predicting Software)

Abstract
ウイルス耐性防御メカニズムの産物として、抗CRISPRタンパク質はCRISPR-CAS免疫系の動作を効果的に阻害できます。この種のタンパク質には、多様な固有のメカニズム、広域スペクトル、使いやすさの利点があり、遺伝的にエンコード可能です。したがって、オフターゲット効果を低減することにより、遺伝子編集の安全性を改善するだけでなく、合成生物学の分野での開発と使用の可能性も大きな可能性を秘めています。当社のソフトウェアは、タンパク質自体とゲノムシーケンスに特徴を計算、抽出、統合することにより、ランダムフォレストアルゴリズムに基づいて予測モデルを構築し、入力完全ゲノムから最も可能性の高い候補を見つけ、生物学研究者と合成を提供することを望んでいます。統合された便利な抗CRISPRタンパク質マイニングツールを備えた生物学者。
Go to Wiki


LINKS_China
Title
UV-PRISMA: UltraViolet radiation Protection and skin Repairing by Innovative Sunscreen with Mycosporine-like Amino acids

Abstract
UV放射は私たちの皮膚に損傷を与え、日焼け、炎症、皮膚の老化を引き起こします。マイコスポリン様アミノ酸(MAAS)は、紫外線や藻類などのさまざまな海洋生物によって生産される天然産物であり、紫外線を吸収できるものです。ただし、MAA生産の割合が低いため、MAAを日焼け止め成分として商品化する可能性が制限されます。今年、Links_ChinaはSaccharomyces cerevisiaeを設計し、3つのMaas Shinorine、Porphyra-334とPalythineと別のUV吸収分子、ガドソールを生産しました。 Nostoc punctiforme、Nostoc Linckia、およびActinosynnema mirumの酵素を組み込み、最適な経路を構築し、キシロース代謝経路を導入して収量を増加させました。これらの酵母製品は、ほとんどのUVAおよびUVB光線をカバーするUV放射線を正常に吸収しました。皮膚の修復のために、スーパーオキシドジスムターゼとカタラーゼを導入して、皮膚で生成された活性酸化種を除去しました。私たちのMAAベースの日焼け止め製品であるUV-Prismaは、より健康で穏やかで、より環境に優しいUV保護方法をもたらします。
Go to Wiki


KEYSTONE
Title
Aromata

Abstract
ボディマロドールは、ほぼすべての個人を悩ませる社会的問題であり、社会的恥ずかしさを引き起こします。調査後、私たちはStaphylococcus spp。マロドールの主な原因です。したがって、Team Keystone 2022は、黄色ブドウ球菌のクォーラムセンシングシステムを阻害する可能性のある抗菌性リポペプチドフェンガイチンを合成する生体腫瘍剤を作成することを目的としています。SFPとDegq遺伝子を薄層にノックインして、フェンガイシンを産生しました。また、Santaleneを産生するために、操作された大腸菌でMVA経路、ERG20、およびサンタレンシンターゼを異種発現しました。当社の製品であるAromataには、現在の単一使用製品と比較して、輸送排出量を減らすことで持続可能な開発を保証するハードウェアがあります。したがって、アロマタは、化学アレルギーなどのリスクを避け、環境への負の影響を軽減する一方で、心地よい香りを提供できます。
Go to Wiki


GreatBay_SCIE
Title
Environmentally friendly approach to cloths recycling by constructing cellulosome-like protein complexes

Abstract
ファストファッションは、人々の生活の不可欠な部分であり、廃棄物消費のために環境に不利な影響を与えないものを引き起こします。 C.thermocellumのセルロソームに触発されて、セルロースとPETをそれぞれ分解するために、2つのセルロソーム様タンパク質複合体を設計しました。したがって、Kluyveromycesを設計しました。 Marxianusは、Dockerin融合セルラーゼ、セルラーゼブースター、Petase、Mhetaseを発現し、E.coliによって発現するミニ足場に組み立てることができます。さらに、E.coliが表面表示システムを表現できるようにし、それによってセルロソーム様ナノマシンのホストとして。最終的に、製品は細菌セルロースやポリエステルを含む高価値テキスタイルに戻すことができます。GreatBay_Scieはさらに酵素ミクローブ相乗をさらに調査し、酵素の効率を改善し、微生物を代謝して生成物の収量を高めました。したがって、私たちのナノマシンは、将来の布のリサイクルの革新的な手段として役立ちます。
Go to Wiki


Shanghai_HS
Title
Dual Oral Vaccines

Abstract
エンテロウイルスとロタウイルスは、乳児や幼児の健康に影響を与える主な胃腸病原体です。このプロジェクトは、2つのウイルスを標的にし、二重経口ワクチンを探索し、ビフィドバクテリア発現システムを使用して2つの抗体の融合によって発現する組換えタンパク質を得ることを目的としています。子供。原則は、VR-VP7およびEV71-VP1融合発現ベクターを構築し、それをEscherichia coli BL21(DE3)にインポートし、発現検証の後にビフィドバクテリアに移し、ロタウイルス/EV71結合抗体を構築する可能性を検証することです。経口ワクチンには幅広い臨床アプリケーションの見通しがあります。
Go to Wiki


Shanghai_United
Title
Mixed Feed Additives

Abstract
牧草地には、主にサイレージと穀物の飼料が含まれています。サイレージには大量のリグノセルロースが含まれており、消化して吸収することは困難ですが、穀物飼料は動物に容易に吸収されない大量のヘミセルロースキシランで構成されています。このプロジェクトは、リグノセルロースとヘミセルロースキシランを同時に加水分解できるエンジニアリング細菌を構築するために、多酵素相乗分解戦略を採用することを計画しています。第一に、セルラーゼPKCおよびキシラナーゼXYNAの組換えプラスミドを構築し、P。pastorisに形質転換し、陽性形質転換体をスクリーニングして、高酵素産生を伴う組換え細菌基を得て、酵素活性と細胞外タンパク質分泌を測定しました。このプロジェクトは、サイレージと穀物の混合飼料の利用率と家畜の該当する品種を改善し、混合飼料の経済的価値を改善することができます。
Go to Wiki


Shanghai_Metropolis
Title
Fruit wine brewing Plus

Abstract
飲料中のより高いアルコールの含有量が多いことは、頭痛などの症状に簡単につながる可能性があります。これは、酔っぱらいの主な理由です。このプロジェクトは、より高いアルコールの産生を減らすために、遺伝子工学を通じてSaccharomyces cerevisiaeの高等アルコールの代謝経路を細かく調節しています。まず、細胞内相同組換え技術を使用して、BAT2遺伝子によってコードされる分岐鎖アミノ酸アミノ酸アミノトランスフェラーゼをノックアウトし、同時に、アルコールアセチルトランスフェラーゼATF1遺伝子を使用してBAT2遺伝子の位置を置き換えました。第二に、ATF1遺伝子は、Saccharomyces cerevisiaeの発現ベクターに配置され、Saccharomyces cerevisiaeに移動して、Saccharomyces cerevisiaeのより高いアルコールのレベルを低下させる目的を達成します。このプロジェクトにより、醸造された飲料のアルコール含有量が少ないため、飲酒者が頭に不快になりません。
Go to Wiki


SubCat_China
Title
Probiotics with efficient heterologous expression of lipase for dietary supplement

Abstract
今日、多くの人々は、食物中の脂肪の消化が不完全な問題に直面しており、栄養失調などの健康上の問題につながる可能性があります。私たちのプロジェクトでは、遺伝子工学技術を使用して、リパーゼを過剰発現する細菌を作成しました。リパーゼは、体の小腸の脂肪を消化するのに役立つ酵素です。つまり、この健康問題からある程度の緩和をもたらす可能性があります。さまざまな条件下で酵素活性をテストする実験を行い、この技術を人間の実践に組み込む可能性を確認するのに役立ちました。将来、私たちのプロジェクトは、脂肪を消化する人々に利益をもたらすためにプロバイオティクスドリンクで使用される栄養補助食品になる可能性があります。
Go to Wiki


SHSID
Title
Caries Prevention Plus

Abstract
虫歯は、歯科組織で発生する細菌感染症です。このプロジェクトは、car虫を引き起こす連鎖球菌ミュータンを特異的に殺すだけでなく、バイオフィルムの形成とすでに形成されたバイオフィルムの溶解を効果的に防ぐことができる遺伝子組み換え細菌をアップグレードします。このプロジェクトの原理は、デキサプラスミドとClyrプラスミドを構築することです。これは、Escherichia coli nissle 1917株を使用してDexaおよびClyrエンジニアリング株を取得し、SDS-PAGEによる酵素分泌と酵素活性を測定し、砂糖を還元し、そのテストをテストすることです。Streptococcus Mutansバイオフィルムの形成を阻害し、バイオフィルムを破壊する能力は、バイオフィルムバリアを除去し、car虫菌を溶解することの二重の効果を達成します。このプロジェクトは、歯の虫歯の予防と治療に大きな可能性を秘めています。
Go to Wiki


ECNUAS
Title
Increase the level of rapamycin fermentation by knocking out the M271_14685/M271_14690 gene in Streptomyces rapamycinicus

Abstract
臓器移植は、患者に第二の寿命を与えながら、免疫拒絶の問題に直面しています。ラパマイシンは新しいタイプのマクロライド抗生物質であり、免疫拒絶の治療に広く使用されている臨床薬でもあり、手術後の移植臓器の生存率を大幅に改善することができます。しかし、この薬は生産性が低く、高価です。私たちのプロジェクトは、主にStreptomyces rapamycinicusの遺伝子M271_14685/M271_14690をコードする2成分システムをノックアウトし、ラパミシン生体合成の代謝規制ネットワークを最適化し、ラパミシンの展望を改善することにより、遺伝子工学を使用してエンジニアリング株を構築する予定です。臨床治療により大きな価値をもたらし、臓器移植を受ける患者を支援します。キー語:臓器移植、ラパマイシン、遺伝子工学
Go to Wiki


SZ-SHD
Title
CanFix-Light Controlled Oral Tumor Vaccines

Abstract
免疫系を刺激する抗原性タンパク質を含む組換えOMVを分泌するためにE COLIを修正することにより、癌の免疫を提供する抗原性タンパク質を分泌することにより、生きた口腔がんワクチンを開発します。私たちの目的は、特に腸内の免疫細胞を刺激することでした。このレベルの特異性を作成するために、SULAP光遺伝学的プロモーターと、Endoscopicビデオの大規模なデータセットに露出した畳み込みニューラルネットワークを利用することで適切な場所にあることを認識するためにトレーニングした微小粉砕可能な自動位置UVC光源を組み込みました。映像と、アラビノース誘導に基づく自己信号システムは、OMV分泌が完了した後、修飾された細菌を体から除去するように設計されました。
Go to Wiki


PINGHE
Title
Biosynthesis of medium-chain fatty acid (MCFAs) by Reversing the Fatty Acid β-Oxidation Cycle

Abstract
現在使用しているMCFASのほとんどは、熱帯植物から抽出されており、中鎖トリグリセリドの量を制限しています。私たちの目標は、MCFAS合成経路を強化し、大腸菌の逆脂肪酸β酸化サイクルで重要な酵素を過剰発現させることにより、T7開始を最適化することです。蛍光タンパク質でPET28A-EGFPプラスミドを構築しました。最適に機能する突然変異を見つけるために、T7プロモーター上のポイント変異C1、C2、C3、およびC4を設計し、プラスミドでこれら4つのT7プロモーター変異体を構築しました。C1変異が最も強力なプロモーターであり、選択した変異を中鎖脂肪酸を構築する4つの酵素に接続したことがわかりました。この変異プロモーターは、中鎖脂肪酸産生の量を増加させるために、我々の経路で使用される4つの酵素に適用されました。キーワード:MCFA、β酸化サイクル
Go to Wiki


Goethe_Frankfurt
Title
CADch me if you can! - Detection and Remediation of Cadmium form Waters and Soils

Abstract
私たちは、最近の出版物に基づいて変更する固有の細菌走化性を介してカドミウムを検出するためにE.coli株を設計します。さらに、汚染された供給源からカドミウムを貯蔵し、それを再利用可能なカドミウム量子ドットに変える復活株を設計します。
Go to Wiki


SZU-China
Title
RiceAide- A Comprehensive Solution to Rice Sheath Blight Based on RNAi Pesticide

Abstract
イネ鞘の枯病は、Rhizoctonia solani(R.Solani)の感染による真菌疾患であり、中国では毎年最も多くの発生率が高く、9億キログラムの米の収量が減少した最も深刻な米の病気の1つです。今年、私たちは包括的なソリューションを開発しました。これは、R.Solaniの予防、検出、治療にそれぞれ機能する3つの戦略から統合されました。R.Solaniの感染を防ぐために、Biocontrol菌 - トリコデルマAtrovirideを使用して、R。solaniの水と空気の伝達経路を遮断しました。米鞘枯病の早期発見のために、ランプとeノース検出システムを開発しました。また、ナノ材料と結合する安定化されたRNAiエフェクター分子も開発して、R.Solaniを特異的に阻害および殺害しました。簡単に言えば、効率的かつ包括的なシステムを構築し、それによってイネ鞘の枯病の予防と制御に強みを与えたいと考えています。
Go to Wiki


Patras
Title
PAGGAIA: An innovative Precision Agriculture approach, using Genomics, Artificial Intelligence and Aero-transportable equipment

Abstract
さまざまな土壌微生物間の相互作用は、研究が困難であるため、不明のままです。農業の分野における主要な問題は、広い地域の栽培目的で土壌の質に関する重要なデータを収集できないことです。精密農業は、革新的な農業管理の概念であり、データ分析とAI/機械学習モデルと相まって、作物の収穫量を増やし、天然資源を保存することにより、農業と土壌の改善に革命をもたらすことを目的としています。 Paggaiaの目標 - ゲノミクス、人工知能、エアロ輸送可能な機器を使用した精密農業 - は、肥料の使用を最適化し、量と品質の収穫量の増加を求め、農業慣行の近代化により、持続可能かつ前向きな環境影響を与えることです。 -Sustainableで消費者に優しい方法。これは、土壌サンプリングドローン、ポータブルDNAシーケンス、および機械学習のレンズを通じて革新的な分析を使用して、農家や専門家への介入を提案する機械学習を通して革新的な分析を使用して、ゲノム、物理化学、および農業特性を含むプロトコルを作成することによって達成されます。
Go to Wiki


Fujian_United
Title
Heavy metal detection

Abstract
業界と人間の活動の発展により、多数の金属イオンが放出されます。カドミウム、クロム、水銀などのこれらの金属イオンの多くは、食物連鎖に濃縮されており、しばしば地域の生態系と人間の健康に多くの危険を引き起こします。このプロジェクトは、人体の望ましくない金属イオンの摂取量を減らすために、より広く、より安価な迅速な検出技術を確立します。このプロジェクトでは、大腸菌およびバチルス金属応答性プロモーターを使用して組換えプラスミドARSD、ARSR、およびARSAを構築することにより、バイオセンサーの感度が蛍光シグナルの強度によって検出され、サンプル中の金属イオンの濃度が表示されます。このプロジェクトは、重金属を検出し、人々に警告を提供し、人体への健康上の損傷を減らすために使用できます。
Go to Wiki


Nanjing_HS
Title
Diabetes Drug Screening - GK

Abstract
今日、世界には2型糖尿病の患者が多数いて、新しい抗型型糖尿病薬の発見が差し迫っています。グルコキナーゼ(GK)は膵臓、肝臓、脳、腸に分布しており、血糖バランスを調節する効果があります。このプロジェクトでは、ヒトGKの原核生物発現プラスミドを構築し、GKタンパク質を浄化し、in vitroヒトGK活性検出プラットフォームを確立し、GKアゴニズム活性を持つ薬物のスクリーニングを行い、細胞レベルでそれらをテストしてグルコース刺激を強化しますインスリン分泌および保護膵島島、2型糖尿病の治療に寄与する鍵:GK、2型糖尿病
Go to Wiki


Beijing_United
Title
Modification of SbPETase in Escherichia coli and the establishment of its efficient secretion system

Abstract
世界で最も広く使用されているプラスチックの1つであるポリエチレンテレフタレート(PET)は、現在、深刻な環境汚染を引き起こしています。近年、ますます多くの研究者がPETの酵素分解に焦点を合わせてきました。これは、従来の化学的および物理的リサイクル方法よりも環境に優しい劣化とリサイクル方法です。この研究では、チームは、シグナルペプチドPELBとコリスチン放出プロテインキルを使用して、大腸菌BL21(DE3)にPET分解酵素の効率的な分泌システムを確立しました。ペット分解酵素の。これにより、酵素をさらに研究するためのより便利なツールが提供されました。さらに、チームは、Schlegelella brevitalea sp。11月。確立された分泌システムを使用して、活動が大幅に増加したトリプルミュータントを迅速にスクリーニングしました。
Go to Wiki


Canton_HS
Title
Autism Detector

Abstract
自閉症は、発生率が増加する発達障害です。研究では、自閉症患者のトリプトファン、グルタミン酸、および銅のレベルが大幅に増加することがわかっています。私たちの研究では、バイオセンサーを使用して、自閉症の早期スクリーニングのために血液中のこれらの物質のレベルを検出します。トリプトファンを検出するために組換えプラスミドPTRC99K-TRPの工学的株を構築し、銅イオンを検出するための特定のプロモーターを含むCOPAプラスミドを構築しました。また、SLC7A5遺伝子プラスミドを構築することにより、Shanks3のレベルを増加させて自閉症の治療の効果を達成します。
Go to Wiki


Zhejiang_United
Title
2'-fucosyllactose cell factory

Abstract
2'-フコシラクトース(2'-Fl)は、乳児乳の粉ミルクの成分であり、乳児と子供の成長と発達に重要な役割を果たしています。このプロジェクトは、染色体統合を介した2'-FLの合成経路で必要な遺伝子と関連するトランスポーターを表現しています。2'-FLの大規模生産は、市場の需要を満たすために高利回りの2'-FL Saccharomyces cerevisiae Cell Factoryを構築することにより達成されます。
Go to Wiki


RUBochum
Title
BioSpatch: Synthetic Spidersilk-Proteins Plasters for Chronic Wounds

Abstract
慢性創傷は、特に高齢者や既存の健康状態を持つ人々にとって、増加する問題です。人口の約2%が米国だけで慢性傷の影響を受けると推定されています。合成的に生成されたスパイダー糸からの癒しの開いた傷の不十分な生体適合性を備えた、特に高い生体適合性を備えた創傷治癒「プラスター」を生成することを目指しています。タンパク質精製の後、糸はそれらを束ねるように紡がれます。組織は、以前に洗浄され消毒された患部に直接塗布されます。炎症、顆粒、および再生段階における創傷治癒の促進は、合成皮膚の一部としてパッチを通して湿った創傷環境を組み込むことにより、達成されます。
Go to Wiki


Athens
Title
PERspectives: In-vitro development of PERceptrons

Abstract
コンピューターサイエンスに触発された私たちのプロジェクトの目標は、生物学的システムにおいて、人工ニューラルネットワークの基礎である計算アルゴリズムであるPerceptronを実装することです。単一層のパーセプトロンを模倣することにより、入力パターンは加重方法で中間信号に変換されます。次に、アクティベーション関数を使用して、特定のクラスに分類されます。私たちのシステムは、バクテリアが通信する自然な方法、つまり細菌性クォーラムセンシングシグナル、アシル - ホモセリンラクトン、E.coliコンソーシアムを利用することにより、単一細胞システムの代謝負担を回避するために、人口規模の上に構築されています。リボソーム結合部位のバリアントは、重みを調整するためのプラグアンドプレイデバイスとして使用され、急な遺伝的活性化機能が構築され、生きたバイナリ分類器を設計します。他の研究に加えて、提案されたワークフローは、生物学的情報処理をさらに一歩進める方法を開くことを目指しており、生物学的人工知能の出現を生み出しています。
Go to Wiki


UBC_Vancouver
Title
Synaestivum: a heat-inducible genetic plant system in wheat to strengthen tolerance to elevated temperatures

Abstract
温度の上昇は、作物の収量に悪影響を与える重症度の増加の世界的な現象です。一般的な小麦(Triticum aestivum)は、熱によって深刻な影響を受け、世界的な栄養に不可欠な作物です。したがって、熱耐性の小麦品種を生産することは、世界の食料安全保障に向けた重要なステップです。Synaestivumは、熱条件下で代謝ストレスを相殺し、タンパク質の誤った折り畳みを防ぎ、最適化された光合成速度を介して収率を増加させる酵素の熱誘導性発現を通じて、この目的に到達することを目指しています。概念実証として、この遺伝子系の発現を検証するために小麦プロトプラストの分離を最適化しました。設計と実装を検証するための補完的な取り組みとして、フィールドでの実装のためのコンストラクトの活性化を検出するハードウェアデバイスを構築し、バイオインフォマティック分析を利用して、設計の遺伝子経路が熱条件で著しく過剰に押し込まれていることを確認しました。
Go to Wiki


NJXDF-CHN
Title
Bring us closer by fragrance -- Refactoring Yarrowia lipolytica to high produce 2-phenylethanol

Abstract
2-フェニルエタノール(2-PE)は、バラの香りを伴う脂肪アルコールであり、その軽度でエレガントな匂いのため、食物や化粧品産業の不可欠な香料成分と考えられています。自然界では、2-PEは主にバラ、ジャスミン、トマト、およびソバ植物から抽出されています。ただし、植物の2-PEの濃度は不足しており、天候や植物の病気などの自然な要因を受けやすく、最大3500-6000 USD/kgの2-PEを抽出するコストが発生します。安価な2-PEは化学合成によって調製できますが、化学合成によってベンゼンエタノールを生成するプロセスは複雑です。したがって、合成生物学を利用したエンジニアリング株を構築し、食品および化粧品業界のニーズを満たすために自然、緑、持続可能な2-PEを合成できるようにしました。入手した2-PEが、さまざまな人々やシナリオに従って、トレンドをリードするユニークな2-PE製品に開発できることを願っています。
Go to Wiki


Peking
Title
DEEPI, a new paradigm of antibiotic resistance

Abstract
今日、抗生物質耐性は、世界的な公衆衛生の脅威のトップ10の1つです。この危機に対する多くのソリューションの中で、EPI(排出ポンプ阻害剤)は、抗生物質耐性の最も重要なメカニズムである流出ポンプによって生成される薬剤耐性に応じて、潜在的に効率的な種類の薬です。ただし、現在のEPIのほとんどにはいくつかの欠点があります。合成が困難で、有毒で低い効果が称賛されます。これにより、そのさらなる臨床応用が妨げられます。私たちのプロジェクトは、指示された進化と酵母-Eに基づいた標準化されたモジュラーショートペプチドEPI最適化手順を開発することを目的としています。大腸菌の共同培養システム。この手順を通じて、流出ポンプの構造を知っている限り、微生物によって簡単に合成できる効率的なEPIを生成できます。セキュリティ上の理由から、私たちはプロジェクトのデモンストレーションとしてE.ColiのACRBポンプを使用し、この夏に共同文化システムの構築に成功しました。抗生物質の危機に対する新しい解決策を考え出すことを望んでいます。
Go to Wiki


Sesame_Shenzhen
Title
Uric Acid Lowering Probiotic

Abstract
尿酸(C5H4N4O)は、プリン異化の最終産物です。赤身の肉、魚介類、アルコール飲料などの食品の消費量の増加は、高尿酸血液濃度と高尿酸症の有病率が高いことに直接関連しています。高尿酸血症は、尿酸塩と痛風の形成につながる可能性があり、高血圧、慢性腎臓病、癌、死亡率の独立した危険因子です。既存の治療法については、副作用と欠点が特定されており、副副作用のない、はるかに安全な尿酸低下治療療法の必要性が確認されています。私たちのプロジェクトでは、外因性ウリカーゼを新しい治療法として紹介しています。分子クローニング技術を利用して、尿酸オキシダーゼ用の遺伝子エンコードを挿入して大腸菌に挿入します。ウリカーゼオキシダーゼは尿酸を分解できます。私たちの方法は、さまざまな長期的で持続可能な利益に関連しており、副作用の悪影響と相関していません。
Go to Wiki